ホーム > 御府内八十八ヶ所霊場ウォーク

御府内八十八ヶ所霊場ウォーク  新刊

御府内八十八ヶ所霊場ウォーク

四国八十八ヶ所霊場巡りの御利益が東京で得られるんです。江戸時代から続いている「御府内八十八ヶ所」の完全ウォーク記録。

著者 池田 敏之
大塚 忠克
出版年月日 2018/06/18
ISBN 9784829507384
判型・ページ数 A5・170ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

御府内八十八ヶ所霊場めぐりとは
1日目 三田・麻布・六本木から新橋・赤坂・千駄ヶ谷まで
2日目 成増・練馬から石神井・鷺ノ宮まで
3日目 小石川・本郷・湯島から谷中・田端まで
4日目 椎名町・高田馬場から中野・練馬まで
5日目 上野・浅草から本所・深川まで
6日目 幡ヶ谷・烏山から日野まで
7日目 四ッ谷・早稲田から上中里まで
8日目 秦 野
9日目 恵比寿・大崎から大森・馬込へ
御府内八十八ヶ所霊場一覧
御府内八十八ヶ寺巡拝勤行次第
東京都ウオーキング協会「御府内八十八ヶ所霊場巡り」のあゆみ

このページのトップへ

内容説明

ひとあじちがう寺院遍路で東京を再発見!
四国八十八ヶ所霊場巡りの御利益が東京で得られるんです。

江戸時代から続いている「御府内八十八ヶ所」の完全ウォーク記録八十八ヶ所霊場巡りとウォーキングを合わせた東京都ウオーキング協会のイベントは平成16年から毎年1~11月に9回に分けて全88ヶ寺を回っている。江戸時代そのままの雰囲気を残している寺町、現代的な建物に変貌した寺院など、年ごとに変わる東京の姿が見えてくる。江戸時代の札所寺院を描いた絵図「御府内八十八ヶ所道しるべ」からの挿図もたっぷり。

「御府内」とは、江戸時代に江戸の範囲を示した言葉。境界は、東は平井、亀戸周辺(中川)、西は角筈、代々木周辺(神田上水)、南は品川周辺(目黒川)、北は千住、板橋周辺(荒川、石神井川)。

このページのトップへ