ホーム > ジョミニの戦略理論

ジョミニの戦略理論  新刊

『戦争術概論』新訳と解説

ジョミニの戦略理論

孫子、クラウゼヴィッツ同様著名な戦略思想家ジョミニの主著『戦争術概論』の画期的新訳とジョミニ戦略理論の詳細な解説

著者 今村 伸哉 編著
出版年月日 2017/12/20
ISBN 9784829507292
判型・ページ数 A5・410ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

■第1部 ……… 原著翻訳 194頁
ジョミニ『戦争術概論―戦略、大戦術および軍事政策の主 要な方策に関する新分析的描写』(今村伸哉訳)
◎ロシア皇帝陛下に奉呈 ◎緒言 ◎戦争術の定義
◎第三章 戦略
定義および基本原則/戦いの基本原則/作戦方式/作戦地域/作戦基地/戦略点および戦略線、戦域の決勝点、作戦目標/作戦正面、戦略正面、防御線、戦略陣地/作戦地帯及び作戦線/戦略線/一時的作戦基地あるいは戦略予備隊による作戦線を確実にする手段方法/陣地戦の旧方式および行進の現行方式/倉庫および行進に伴う倉庫の関係/要塞あるいは塹壕線による国境防衛および攻囲戦/戦略に対する防備野営陣地および橋頭堡の関係/山地における戦略的作戦/大侵入および遠隔地遠征に関する付言/戦略の要約
■第2部 ……… 2氏による詳しい解説 210頁
【解説】ジョミニの著書と戦略理論 (今村伸哉)
 第一章 ジョミニの生涯と経歴
 第二章 ジョミニの著書と著作過程
最初の論文/『軍の大戦術の理論と実践の講義』から『大戦術論』へ/『大戦術論』から『大作戦論』へ/『フランス革命戦争の批判と軍事史』/『ナポレオン自身が語った政治・軍事的生涯』/『戦争術概論』
 第三章 ジョミニ戦略思想の形成と戦略概念
17世紀から19世紀初頭までの文化的胎動および戦争・軍事的特色/ジョミニの戦略思想に及ぼした啓蒙軍事思想家の影響/ジョミニ戦略思想の形成に関する戦略理論と作戦原則
 第四章 ジョミニ戦略理論の真髄と批判
ジョミニ戦略理論の真髄と批判/ジョミニの兵站重視とナポレオンの軍事システムへの批判/クラウゼヴィッツの批判とジョミニの反論
 第五章 ジョミニ戦略思想の影響
ジョミニ戦略思想の大普及の原因/ヨーロッパにおけるジョミニの著書の伝搬とその影響/ジョミニ戦略思想のアメリカ軍事文化に及ぼした影響
 第六章 新戦略原則論と「戦いの原則」
ドイツ軍事学派の台頭とジョミニ戦略原則論の再生/新軍事理論の発生と再生された「戦いの原則」
 終章 ジョミニ戦略原則論の諸問題と現代的意義
【解説】ジョミニの思想とその時代:フランス革命~ナポレオン戦争の再解釈から (竹村厚士)

このページのトップへ

内容説明

これまで「戦争概論」として知られている書(原書房版、中公文庫版)は英語版からの重訳であり、しかも、かなりの量抜粋された解説書だった。本書は、フランス語版原著から翻訳された初めての訳書

◎「戦争術概論」の書名表記について(編著者「はじめに」より)

ジョミニはクラウゼヴィッツの『戦争論』のように戦争の定義と戦争全体について分析して論じたのではなく、戦争遂行の理論と方策を論じたものであり、「戦争概論」と表記するとあたかも『戦争論』に準ずる印象を与える。また、ヨーロッパでは古代から戦略、戦術などの軍事用語の区分が明確でなく、一括して“戦争術”と表現してきた。18世紀末頃にマイゼロアにより、ようやく戦略の用語が表明され定義された。さらにジョミニが戦争術の用語の区分原理を本書で明確にした過渡期にあるところから『戦争術概論』の方が適当であると考量した。

このページのトップへ