ホーム > 台頭する「ポスト華南経済圏」

台頭する「ポスト華南経済圏」  新刊

“脱・経済”を目指す中国改革開放の新たな地平

台頭する「ポスト華南経済圏」

中国華南(広東省・香港)から始まった新たな改革開放政策「華南政策」を詳細に論じ、将来展望を明らかにする。

著者 森 一道
出版年月日 2017/04/19
ISBN 9784829507100
判型・ページ数 A5・412ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 章 華南再考
改革開放モデルとしての広東VS上海/華南政策の定義/華南政策の国内的意義/「華南経済圏」の射程/華南政策の思想/「華南政策」の世界的意義
第一章 華南政策の視野
1.華南政策の思想と理論
汪洋の思想/メーカーズと幸福論
2.グローバル化のなかの華南政策
平等イデオロギーとその終焉/グローバリゼーション下の政治思想
第二章 華南政策と開発戦略
1.「双移転」と「珠江デルタ一体化」
「双移転」と中国のメーカーズ/珠江デルタ一体化
2.地域開発戦略から都市化政策へ
地域開発戦略/「城鎮化」の展開
第三章 汪洋の幸福論と「新しい社会」
1.幸福広東の建設
幸福広東の提起/新たな「社会管理」
2.中国における「社会」の再形成
「社会」の再形成/「新しい社会」
第四章 華南経済圏から華南政策へ
1.華南経済圏の形成と変容
 珠江デルタの優位性/中国の国際化とグローバル化
2.華南政策の形成
 中央政府の香港支援/和諧政策の再考
第五章 香港域内の政治力学と華南政策
1.「香港-広東省協力体制」の形成
 香港特別行政区と広東省の協力関係/香港の産業政策
2.華南政策の形成・受容と香港政治のダイナミズム
「内政」をめぐる軋轢/価値観多元化時代の政治
終 章 習近平体制と華南政策に関するノート
 香港と中国本土との「距離」/中国新動態への対応

このページのトップへ

内容説明

・「華南経済圏」の時代とは異なる華南政策の理論と思想の全体像

・グローバル化の潮流のなかで政治・経済―社会関係に浮上した再編問題とは?

・地域開発、都市化政策と人民の都市市民化とは?

・経済成長至上主義を排した政策目標「幸福指数」は華南政策の核心!

・ポスト華南経済圏といえる華南政策はどのように成立したか

・華南政策の形成に果たした香港の役割

・習近平体制で華南政策はどのように位置付けられているか

このページのトップへ