ホーム > 太平洋戦争と日系アメリカ人の軌跡

太平洋戦争と日系アメリカ人の軌跡  新刊

日米関係史を考える

太平洋戦争と日系アメリカ人の軌跡

二つの祖国の狭間で、大きな傷を負った人々がいた!「日系アメリカ人」「戦争花嫁」への聞き取りから見えてきた日米の歴史の一断面

著者 吉浜 精一郎
出版年月日 2016/08/05
ISBN 9784829506851
判型・ページ数 A5・300ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章❖記憶のなかの太平洋戦争
 一、俘虜収容所
 二、建物強制疎開
 三、空 襲
 四、時代を生きた敗戦後の原風景
浮浪児/パンパン・ガール
 五、戦争の甘い誘惑

第二章❖太平洋戦争と日系一世および二世
 一、日系人強制収容の背景
 二、強制収容所生活とその補償
強制収容所生活/補償運動
 三、「ライス・キング」国府田敬三郎の生涯
 四、日系一世および二世たちの葛藤

第三章❖太平洋戦争と戦争花嫁
 一、戦争と女性
    戦争と女性/戦争花嫁/俳句で戦争を詠む/「娼婦と呼ばれた俳人」鈴木しず子
 二、占領下日本と女性
 三、海を渡った戦争花嫁

第四章❖二つの祖国を生きて
 一、もうひとつのアメリカ
貧 困/アメリカと戦争
 二、変わりゆくアメリカ社会を生きた日系人女性
演歌、生きぬく力/黒人霊歌、生きぬく意欲/ブルース、生きぬくばね
 三、二つの祖国、そして土に還る日

このページのトップへ

内容説明

二つの祖国の狭間で、大きな傷を負った人々がいた!

“日系アメリカ人”“戦争花嫁”への聞き取り取材から見えてきた日米両国の歴史の一断面。

このページのトップへ