ホーム > 機甲戦の理論と歴史

機甲戦の理論と歴史

機甲戦の理論と歴史
著者 葛原 和三
シリーズ ストラテジー選書
出版年月日 2009/06/01
ISBN 9784829504505
判型・ページ数 A5・180ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 機甲戦前史及び序説
 一 陸戦の発達と機動戦
 二 機甲戦序説
第2章 機甲戦理論の形成と発展
 一 ドイツ軍の電撃戦理論の形成と発展
 二 赤軍の縦深戦略理論の形成と発展
 三 英・仏・米陸軍の機甲戦理論の形成と発展
第3章 日本陸軍の機甲の発展
 一 第一次大戦後の影響
 二 日本陸軍の戦術教義と機械化
 三 機械化部隊への発展と蹉跌
第4章 現代の戦争と機甲戦
 一 現代の戦争とその概観
 二 現代のドクトリンと機甲部隊運用
 三 現代における機甲戦闘

このページのトップへ

内容説明

機甲戦のルーツとなった陸戦史を概観し、ドイツ・ソ連・イギリス・フランス・アメリカ・日本の機甲戦理論の形成を詳述する。さらに、現代の機甲戦までとりあげる。

このページのトップへ