ホーム > 自動車のマーケティング・チャネル戦略史

自動車のマーケティング・チャネル戦略史

自動車のマーケティング・チャネル戦略史
著者 石川 和男
シリーズ ストラテジー選書
出版年月日 2009/04/01
ISBN 9784829504499
判型・ページ数 A5・170ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 日本における自動車販売の黎明
アメリカにおける自動車の大量生産とマーケティング・チャネルの構築/日本における自動車の登場と販売/日本における排他的マーケティング・チャネルの形成と展開
第2章 第二次世界大戦後の自動車マーケティング・チ ャネルの再編
戦中戦後の自動車をめぐる環境/日本メーカーの戦後の立ち上げ/各自動車メーカーのマーケティング・チャネルの再編
第3章 複数マーケティング・チャネルの構築と展開
モータリゼーションのはじまりと展開/自動車メーカーのディーラー戦略/トヨタの複数マーケティング・チャネルの拡大と市場浸透/日産とプリンス自工の合併とマーケティング・チャネル/フォロワー企業のマーケティング・チャネル戦略
第4章 石油ショック後の自動車販売
トヨタのマーケティング・チャネル行動と工販合併/日産の販売組織変更と高級車路線/三菱自動車のマーケティング・チャネルの展開と工販統合/東洋工業(マツダ)におけるマーケティング・チャネル戦略の積極的展開/小規模ディーラーの展開と補助販売機構の利用
第5章 自動車のマーケティング・チャネルの再編と統合
日産における段階的チャネル統合の動き/トヨタにおけるマーケティング・チャネル統合とレクサス店/市場細分化とマーケティング・チャネルの一本化/マーケティング・チャネルをめぐる新しい動き

このページのトップへ

内容説明

戦前から現代までの自動車メーカーの多様な販売展開を徹底的・網羅的に分析。自動車流通に特徴的な「複数マーケティング・チャネル」の分析は、日本企業の競争力を捉える新しい視点提供する。

このページのトップへ