ホーム > 大島 信三

大島 信三

名前 大島 信三
カナ オオシマ シンゾウ
 

プロフィール

昭和17年、新潟県生まれ。早稲田大学教育学部卒。同39年、産経新聞社に入社。千葉支局を振り出しに新聞と雑誌の両部門で政治や経済、国際問題、文化全般の取材に携わった。その間、多数の各界著名人とロングインタビューをおこない、文壇関係では本書で紹介の宮尾登美子のほか井上靖、司馬遼太郎、江藤淳、辻邦生、城山三郎、石原慎太郎、五木寛之らに話を聞いた。『週刊サンケイ』編集長、『新しい住まいの設計』編集長、特集部編集委員、『正論』編集長、編集局編集委員、特別記者を経て平成21年退社し、現在はフリーのジャーナリスト。著書に『異形国家をつくった男――キム・イルソンの生涯と負の遺産』(芙蓉書房出版)がある。日本記者クラブ会員。

このページのトップへ

著作一覧

宮尾登美子 遅咲きの人生

宮尾登美子 遅咲きの人生

直木賞作家の波乱の生涯を描いた本格的評伝

著者:大島 信三
 
異形国家をつくった男

異形国家をつくった男

国父、キム・イルソンの人間像に迫る

著者:大島 信三
 
 

このページのトップへ