ホーム > 高嶋 博視

高嶋 博視

名前 高嶋 博視
カナ タカシマ ヒロミ
 

プロフィール

昭和27年、香川県大川郡大川村(現さぬき市)生まれ。昭和46年香川県立三本松高等学校卒業(22回生)。昭和50年防衛大学校卒業(第19期生)。卒業後、海上自衛隊に入隊、在ノルウェー日本国大使館防衛駐在官、護衛艦隊司令部幕僚長、第1護衛隊群司令、海上幕僚監部人事教育部長、護衛艦隊司令官、統合幕僚副長、横須賀地方総監などを経て平成23年8月退官。元海将。現在は、執筆・講演活動を行っている。著書に『武人の本懐―東日本大震災における海上自衛隊の活動記録』(講談社、平成23年)、『指揮官の条件』(講談社現代新書、平成27年)がある。

このページのトップへ

著作一覧

ソロモンに散った聯合艦隊参謀

ソロモンに散った聯合艦隊参謀

昭和の秋山真之と言われた海軍士官の評伝

著者:高嶋 博視
 
 

このページのトップへ