江戸落語図鑑2

古典落語50席を題材に、舞台となった江戸の町の姿を絵解きする。6月刊行『江戸落語図鑑』に続く第2弾。図版300点は圧巻。

 
太平洋戦争と日系アメリカ人の軌跡

二つの祖国の狭間で、大きな傷を負った人々がいた!「日系アメリカ人」「戦争花嫁」への聞き取りから見えてきた日米の歴史の一断面

 
軍用機製造の戦後史

敗戦、占領政策により航空機産業は逆風下に置かれたが、そのような状況下で企業はイノベーションをどう図ってきたか。

 
ゼロ戦特攻隊から刑事へ

少年航空兵・大舘和夫が戦後70年の沈黙を破って初めて明かす特攻・戦争の真実。

 
江戸落語図鑑

江戸を舞台にした古典落語50席を題材に、江戸人の「仕事・遊び・暮らし」を絵解きする。

 
日本的グローバル化経営実践のすすめ

日本人と日本企業を活性化させ、失われた30年から脱却するための提言。

 
米海軍から見た太平洋戦争情報戦

日本はなぜ「情報戦」に敗れたのか?米国側の動静を詳しく分析したノンフィクション。

 
21世紀の軍備管理論

安全保障問題の正しい理解に必要な国際社会のルール、軍備管理・軍縮に関する知識をわかりやすく解説する。

 
ぶらりあるきミャンマー・ラオスの博物館

博物館、美術館、植物園、動物園、記念館、寺院から“野外博物館”までミャンマー・ラオスの107施設を収録。

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
 
これから出る本
RSS

新刊情報

21世紀の軍備管理論

21世紀の軍備管理論

安全保障問題の正しい理解のために。

著者:岩田 修一郎
 
米海軍から見た太平洋戦争情報戦

米海軍から見た太平洋戦争情報戦

日本はなぜ「情報戦」に敗れたのか

著者:谷光 太郎
 
 
江戸落語図鑑2

江戸落語図鑑2

古典落語の舞台の江戸の町の姿を絵解きする

著者:飯田泰子
 
 
太平洋戦争と日系アメリカ人の軌跡

太平洋戦争と日系アメリカ人の軌跡

二つの祖国の狭間で、傷を負った人々がいた

著者:吉浜 精一郎
 
軍用機製造の戦後史

軍用機製造の戦後史

戦後日本の軍用機の開発・製造を調査

著者:福永 晶彦
 
 
ぶらりあるきミャンマー・ラオスの博物館

ぶらりあるきミャンマー・ラオスの博物館

ミャンマー・ラオスの107施設を収録

著者:中村 浩
 
江戸落語図鑑

江戸落語図鑑

落語を題材に江戸人の暮らしを絵解きする

著者:飯田泰子
 
 
ゼロ戦特攻隊から刑事へ

ゼロ戦特攻隊から刑事へ

少年航空兵・大舘和夫が明かす特攻の真実。

著者:西嶋大美
太 田 茂
 
ぶらりあるきメコンの国々

ぶらりあるきメコンの国々

メコン川流域の3ヵ国を体当たりで歩く。

 
 
戦略研究18 戦略と文化

戦略研究18 戦略と文化

「戦略」の本質を研究する学会の機関誌

著者:戦略研究学会
 
 
GNH研究の最前線(GNH研究3)

GNH研究の最前線(GNH研究3)

ブータンのGNHを日本で活かす方法を探る

著者:日本GNH学会
 
観光資源としての博物館

観光資源としての博物館

博物館のあり方を「観光資源」の視点で提言

著者:中村 浩
青木 豊
 
 
もどれない故郷ながどろ

もどれない故郷ながどろ

原発から最も離れた帰還困難区域長泥の記録

 
データで読み解く賃貸住宅経営の極意

データで読み解く賃貸住宅経営の極意

こうすれば賃貸住宅経営はできる

著者:吉崎 誠二
 
 
イノベーション入門

イノベーション入門

「イノベーション」をわかりやすく解説

 
ぶらりあるきカンボジアの博物館

ぶらりあるきカンボジアの博物館

カンボジア全域の97個所を訪ねる

著者:中村 浩
 
 
岡部長景巣鴨日記

岡部長景巣鴨日記

岡部が、巣鴨拘置所で書き遺した日記

 
戦略研究17 戦略創成のダイナミズム

戦略研究17 戦略創成のダイナミズム

「戦略」の本質を研究する唯一の学会誌

著者:戦略研究学会
 
 
日産懇話会々報(全7巻)

日産懇話会々報(全7巻)

戦前急成長した日産コンツェルンの資料

 
田健治郎日記 5

田健治郎日記 5

第五巻は「初代台湾総督」期の日記。

 
 
周布公平関係文書

周布公平関係文書

明治政府の官僚、周布の未公開史料を翻刻。

 
原爆を落とした男たち

原爆を落とした男たち

科学者たちはなぜ原爆を開発したのか?

著者:本多 巍耀
 
 
アジアからの戦略的思考と新地政学

アジアからの戦略的思考と新地政学

アジアから新たな「地政学」を追求する。

 
情報システムの高度活用マネジメントの研究

情報システムの高度活用マネジメントの研究

情報はヒト・モノ・カネに続く経営資源

著者:仲野 友樹
 
 
戦争の罪と罰

戦争の罪と罰

残酷な特攻は何のために行われたのか?

著者:畑中 丁奎